サファテが50セーブに到達して日本記録を更新

史上最強の守護神が、ついに前人未到の領域に足を踏み入れました。

現在、パ・リーグを独走するソフトバンクの守護神デニス・サファテが、

9月10日のロッテ戦で、50セーブに到達して日本記録を更新しました。

つい先日、中日の岩瀬仁紀と阪神の藤川球児に並ぶ

日本タイ記録の47セーブに到達したばかりなのに、

あっという間に、サファテは50セーブ目をマークしちゃったんです。

よくよく考えてみたら、今年のサファテの登板ペースは異常で、

まだまだセーブを積み重ねるだけの試合数が残っています。

今シーズンのようなハイペースで登板しても全く疲れ知らずで、

当分抜かれないような大記録を今年は作りそうな気がします。

50セーブを達成したロッテ戦でも相手を圧倒する投球で、

9回を3者連続三振とビシっと抑えていましたからね。

そんなサファテの50セーブという日本記録ですが、

メジャーリーグのセーブ記録はもっとスゴイんです。

現在のメジャーリーグのセーブ記録は、

フランシスコ・ロドリゲスが持つ62セーブ。

何とサファテの50セーブよりまだ12も多いんです。

メジャーリーグの試合数は162試合と

日本の143試合よりも19試合も多いこともありますが、

それでも、62セーブってもう異次元の世界ですよね。

いつかは、日本のプロ野球選手の誰かが、

メジャーリーグのセーブ記録も抜く日が来るんでしょうか。

それはそうと、サファテが、日本で最初に在籍した球団が

ソフトバンクではなかったってご存知でしょうか?

実は、このサファテ、元々は広島カープがスカウトした助っ人なんです。

改めて広島カープのスカウトの眼力はスゴさには驚かされますね。

そりゃ2位以下を圧倒的に引き離して優勝するぐらい強いはずです。

おそらく、日本シリーズでは、その広島カープとの対決になるでしょう。

50セーブという前人未到の記録を達成した絶対的守護神サファテがいれば、

ソフトバンクの方が有利に試合を運べるんじゃないかと予想しています。

★おすすめ ⇒ 神戸市灘区の乳がん検診の費用とおすすめ病院

実家を売却するか解体するか迷うところです。

みなさん実家の家を相続したら、どうしますか?

わたしは東京に住み始めて30年以上です。急に父親が亡くなり、後を追うように母親も亡くなりました。

5人兄弟の3番目で男は僕だけです。姉や妹は既に嫁にでていますので、今さら実家は必要ないということで僕が相続することになったものの売るに売れずに悩んでいるのです。

ところが空き家対策特別措置法のおかげで、空き家状態で放置できなくなってしまいました。

売却しないなら解体して更地にすることを勧められていますが。そうすると固定資産税が現在の6倍になります。

だから売却を考えたのですが、建物が古いため解体撤去費用が多くかかるので、相場の半分の値段でも売れません。

家を売却したお金を兄弟に分配しようと考えましたが、それも出来ない状態です。

姉は、わたしが立て替えて住めばいいのに!と言いますが、30年も住んでいる東京を離れる訳にもいかないのです。

子供たちも妻も大反対です。しまいには、私が一人で行けばいいじゃないといいます。

でも定年まで、あと10年ほどあるんです。今さら田舎じゃ仕事もありません。

こんな時、みなさんは、どうしていますか?

テレビや新聞で全国の空き家件数が820万件を超えたと聞きます。

世の中には。私と同じ境遇の人が沢山いる筈です。遺産相続も大変です。

ちなみに現在は、山梨県の空き家管理代行サービス会社に管理を任せています。

毎月お金もかかるので、今月中に決断したいと思います。

メッシが4ゴールの大爆発で今季2度目のハットトリック

30歳を迎えてもまだまだ彼の勢いは衰えることはありませんね。

今シーズン絶好調のバルセロナに所属するリオネル・メッシが、

乾貴士が所属するエイバル相手に4ゴールの大活躍!

これで、今シーズン2度目となるハットトリック達成とか。

今や世界一のサッカー選手にまで登りつけたメッシですが、

何かいとも簡単に4ゴールを決めてハットトリックを達成した感じですね。

この日の試合でも、メッシのプレーは圧巻の一言。

前半19分、ネルソン・セメドがもらった1点目のPKをきっちり決めると、

さらに、メッシのプレーはエンジン全開になります。

個人的にスゴイと思ったのが2点目のゴールシーン。

3-1とバルセロナ2点リードで迎えた後半14分に、

セルヒオ・ブスケツからの横パスを受けた取ったメッシは、

倒れ込みながらもゴール左隅に押し込んで2点目を奪います。

このプレーは、パッと見た感じではそれほどのプレーには見えませんが、

相手ディフェンダー3人に囲まれながら、ゴールキーパーも手が届かない

わずかな隙間を通すシュート技術で決まったゴールなんです。

ゴールポストにスレスレのシュートでしたからね。

こんなシュートを打たれたら、ゴールキーパーはお手上げでしょうね。

そして、後半17分には、自らドリブルでボールを持ち込み、

一度パウリーニョに預けてワンツーで再度ボールを受け取ると、

そのままドリブルで一気にペナルティーエリア内まで侵入。

またしても、相手ディフェンダー3人が止めに来たにもかかわらず、

メッシは、ゴール左隅に流し込み見事ハットトリックを達成したんです。

このゴールは、それほど角度もシュートコースもなかったので、

スピードを活かしたメッシならではのゴールと言えますね。

仕上げは試合終了直前の後半42分。

ペナルティーエリア内にドリブルし、相手ディフェンダーを引きつけると、

ノーマークになった右サイドのアレイクス・ビダルにパスを出し、

その折り返しを軽くゴールに蹴り込んでダメ押しの4点目。

相手ディフェンダーも必死に止めに行っているんだけど、

どうしても止めることができないんですよね。

わかっていても止められないんです。

ファウルで止めることもできませんからね。

試合結果は、6-1でバルセロナの圧勝に終わりましたが、

むしろ、試合の序盤は、乾貴士が所属するエイバルが押し気味でした。

しかし、その試合の流れを変えたのが、メッシのゴールだと思います。

スピードに乗った時の彼の爆発力は凄まじいものがありますね。

メッシは、この日の4ゴールで5試合9ゴールという

驚異的なペースでゴールを量産しています。

バルセロナは、負け無しの全勝をキープし続けていますが、

今の絶好調のメッシがいる限り、このまま勝ち続けるような気がします。

一体どこまで連勝が続くか今後もメッシとバルセロナから目が離せません。