本田真凜がシニアデビュー戦でいきなり優勝

“ポスト浅田”と噂される日本女子フィギュア界の逸材がやりましたね。

平昌五輪を目指す16歳の本田真凜がシニアデビュー戦となる

USインターナショナルクラシックに出場していきなり優勝しました!

本田真凜は、シニアデビュー戦で優勝したことで、

シニアでも十分に戦えると自信になったんじゃないでしょうか。

高得点を狙って後半に組み込んだ3回転サルコーの回転不足を除けば、

ほぼジャンプは着地を決めることができていました。

それに、元々良かった表現力もさらに磨かれてきており、

今大会の本田真凜のシニアデビュー戦での優勝は、

実力で勝ち取ることができたと言えると思います。

ただ、少し気になったのがスタミナ面ですね。

最後は、ちょっとスタミナ切れを起こしてしまい、

演技後にリンクサイドに上がってすぐに倒れ込んでいましたからね。

おそらく、標高1300メートルという高地にあるリンクなので、

本田真凜は、酸欠状態になってしまったんだと思います。

それに、女子の場合、ジュニアでは3分30秒だった演技時間が、

シニアでは4分と30秒長いのも影響したんじゃないでしょうか。

まだジュニアから転向してきたばかりの16歳ですから、

スタミナ切れを起こしても仕方がないかもしれません。

あと、もう一つ気になったのが出来栄え点が低かったことです。

ジャンプの技術がまだ完成の域には達していない感じです。

このままでは、来年の平昌五輪の代表は微妙といったところ。

今回のショートとフリーの合計が198.42点はちょっと低いですね。

代表に選ばれたいのであれば、最低でも200点以上はいると思います。

まだ時間はあるので、まずはスタミナ面の強化がいるでしょう。

スタミナがついてくれば、演技にも余裕が出てくると思います。

ジャンプも表現力も全てにおいてプラスに働き、

出来栄え点も今よりもアップすることは間違いないはずです。

200点なんて余裕で超えることができるんじゃないでしょうか。

たった2枠しかない日本女子フィギュア平昌五輪代表。

もう一段階レベルアップすることができれば、

本田真凜にも十分にその資格はあると私は期待しています。