ヤクルトが10点差をひっくり返す奇跡の大逆転勝利!

セ・リーグでダントツ最下位と苦しんでいるヤクルトが、

中日を相手に10点差をひっくり返す奇跡の大逆転勝利をしたのには、

多くのプロ野球ファンが驚いたと思います。

ついこの間まで、14連敗をしていたチームとは思えない、

まるで別のチームのような打線の繋がりでしたからね。

まあ、元々ヤクルト打線は強力なのはわかっていたけど、

まさか10点差を逆転するとは全く予想していませんでした。

だって、今年のヤクルトは、例年以上に怪我人が続出しているから、

優勝なんて狙えるようなチーム状態じゃないんですよね。

打線では、レギュラーの川端、畠山、雄平が今も離脱しており、

2年連続トリプルスリーの山田は、信じられないような絶不調。

それに、投手では、守護神の秋吉の離脱がかなり痛いと思います。

苦肉の策として、先発投手のエース小川を抑えに配置転換するも、

慣れてない抑えに戸惑って打たれまくる始末。

さらに、近年のドラフトの失敗が大きく響いて、

1軍、2軍ともに選手層が薄く代わりとなる選手があまりいません。

ちょっとずつ若い選手は育ってきてはいますが、

1軍レギュラーの代わりを務めるにはまだ荷が重すぎます。

そんな最悪のチーム状態にもかかわらず、

ヤクルトは、10点差をひっくり返す大逆転劇を演じたんです。

今の1軍選手の中には、レギュラーの離脱によってチャンスを貰った

若い選手もたくさん頑張って試合に出場しています。

8回の14打者による8安打8得点の集中打では、

山崎や奥村といった未来のヤクルトを背負って立つ若手が、

中堅、ベテラン選手に混じって頑張っていました。

この日の10点差を逆転した試合での経験は、

若手にとってかならず将来の野球人生に活きてくるはずです。

試合を決めたサヨナラ決勝ホームランを放った

ベテランの大松選手が奮起するプレイも良いお手本になります。

今のヤクルトは、丁度世代交代をしている時期なので、

この日の10点差の逆転劇が、若手の成長の糧となるだけでなく、

後半戦に向けてチームを良い雰囲気にするんじゃないかと思います。

加藤一二三九段がワタナベエンターテインメントに所属するらしい

残念ながら、現役を引退することになった将棋の加藤一二三九段ですが、

今後は、芸能事務所のワタナベエンターテインメントに所属して

活動していくことが発表されましたね。

加藤一二三九段が所属することになったワタナベエンターテインメントは、

中山秀征、ホンジャマカ、ネプチューンなど、今芸能界で大活躍している

タレントさんがたくさん所属している大手芸能事務所です。

今の旬の芸人のブルゾンちえみもここに所属しています。

そう言えば、ワタナベエンターテインメントには、

美人女流棋士として有名な竹俣紅女流初段も所属していますよね。

加藤一二三九段と竹俣紅女流初段の2人で、

将棋のイベントを行うのも面白いかもしれませんね。

加藤一二三九段は、ふっくら丸顔で歯も抜けた個性的な見た目に、

独特のしゃべり方をするゆるキャラのような癒やしキャラ。

こんなキャラ芸能事務所が放っておくわけがないですよね。

食生活も独特で、歯がないから柔らかいハンバーグや鰻をよく食べ、

なぜか、いつも飲み物を大量に飲むんです。

飲食店でも、食べる前に飲み物を何倍も注文していましたからね。

しかも、あの年齢でコーラなどのジュースが大好きなんだとか。

あまりにも好きすぎて将棋の解説の最中にコーラを飲み、

放送中に思いっきりゲップをするハプニングもありましたね。

あっ!あと、よくテレビで歌も披露していますね。

まあ、お世辞にも歌唱力があるとは言えませんが・・・

よく歌っている小田和正の「ラブストーリーは突然に」を歌っても

音は外すしリズム感もないからもうメチャクチャなんです。

でも、ワタナベエンターテインメントさんのことだから、

CDとかを出す可能性があるかもしれませんね。

あまり売れなさそうですけど・・・

でも、そんなところも全てひっくるめて、

個人的に加藤一二三九段の癒やしキャラは好きですね。

加藤一二三九段の独特のキャラはいろんなバラエティー番組でも

引っ張りだこになるのは間違いないと思います。

実際、多くのテレビ番組や映画主演などのオファーもあるようです。

今後は、将棋の素晴らしさや面白さを伝える活動はもちろんですが、

いろんなことにチャレンジする加藤一二三九段も見てみたいですね。

みやぞんの特殊能力や身体能力は“天才脳”によって生み出されていた

最近、毎週のようにバラエティー番組に出演しているみやぞんですが、

彼は、天才脳の持ち主でその優れた天才脳のよって、

特殊能力や高い身体能力が発揮できることが判明しました。

みやぞんの身体能力のスゴさを検証していたのが、

テレビ朝日系列で放送されている「林修の今でしょ!講座」という番組です。

みやぞんと言えば、あの独特の天然キャラが面白いことで有名ですが、

彼には、一度聞いた曲をピアノやギターですぐにその場で弾ける

といった特殊能力があり、以前から注目されていました。

また、元々野球やボクシングなどのスポーツをやっていたことがあり、

身体能力の高さがずば抜けていることも注目されていたんです。

先日放送された「林修の今でしょ!講座」では、

これらの特殊能力や身体能力の高さを解明するために、

脳科学の観点からみやぞんの脳を調べていました。

そこで判明したのが、天才脳の持ち主であることなんです。

彼の脳は、音を正確に処理して聞き分ける能力に優れており、

右脳ではなく左脳によって音を言語として捉えているとか。

つまり、プロの音楽家のような脳の使い方であることが判明したんです。

その次に検証したのが、身体能力に関してです。

最初のテストでは、後ろ向きに八の字を描きながら歩く

という空間認知テストが行われたんですが、

彼は、キレイな八の字を描きながら歩いていました。

私も自宅でこのテストを試しにやってみましたが、

後ろ向きで歩くだけでもかなり大変で、

フラフラして全然八の字を描けませんでした。

その次に、上から落とした棒を手でつかむ反射神経のテストが行われ、

棒をつかむ反応スピードがあの100m世界記録保持者である

ウサイン・ボルトとほぼ同じだったんです。

これだけでもかなりスゴイんですが、

さらに、卓球選手がスマッシュした球をかわすテストでは、

普通の人では、10球中1、2球が精一杯のところ、

みやぞんは、10球中9球もかわすことに成功しました。

身体能力がスゴイのはなんとなくわかっていましたが、

まさかここまでとは思っていなかったのでビックリですね。

今回の検証でわかったことは、みやぞんは天才脳であるということ。

そして、その天才脳によってプロの音楽家と同じ音の捉え方や

トップアスリート並の身体能力が生み出されると判明しました。

これだけ身体能力に優れているんだったら、

もっと体を使ったスポーツ系の番組にも出演してほしいですね。