牝馬のアエロリットが大混戦のNHKマイルカップを制する

第22回NHKマイルカップは、横山典弘騎乗の牝馬アエロリットが優勝。

前評判では、1番人気で桜花賞4着のカラクレナイが

桜花賞の雪辱を晴らして勝つんじゃないかと思われていました。

ところが、カラクレナイより素晴らしい競馬をしたのが、

横山典弘騎乗のアエロリットだったんです。

今年のNHKマイルカップは、先行馬が残りやすい馬場状態だったので、

あまり後方から追い込んでくる馬にはキツイと思っていました。

しかし、ベテランジョッキーの横山典弘騎手は、

その先行有利の馬場状態を見抜いていたようです。

実際、いつもなら後方から競馬をするアエロリットを

好スタートを決めて前目の2、3番手の位置で競馬させたんです。

NHKマイルカップと同距離1600メートルの持ちタイム1分33秒3は、

出走メンバー中No.1の持ちタイムだったので、

まともに走れば、好勝負できる実力は持っていました。

横山典弘騎手も馬は抜群の仕上がりだったため、

小細工なしに馬の実力を出し切れば勝てると思っていたとか。

アエロリットは、横山典弘騎手の好判断で先行し、

4コーナーでは早々と先頭に躍り出ると溜めていた脚を繰り出し、

最後は、他馬を寄せ付けない強い内容で快勝したんです。

2着もまさかの13番人気の牝馬リエノテソーロが入り、

13年ぶり史上2回目となる牝馬のワンツーフィニッシュでした。

私が驚いたのは、最後の直線で2着馬が追いついて来た時に、

もう一度脚を使って突き放したことです。

これは、並の馬ではできないことであって、

アエロリットが名馬の道を進む可能性があるということ。

因みに、横山典弘騎手は、アエロリットのデビュー前の調教に乗った時、

この馬は大きいところを取れると感じていたそうです。

今回のNHKマイルカップでそれを実現してみせたところは、

さすが、現役では武豊騎手に次ぐ2600勝を超える通算勝利数と、

GⅠレースを26勝もしている名ジョッキーだなと思いました。

そんな横山典弘騎手とコンビを組むアエロリットは、

今後も、いくつかタイトルを獲るんじゃないかと予想しています。

若き快速娘がマイル王に名乗りを上げる日が来るのも、

そう遠い話ではないかもしれませんね。

「香川照之の昆虫すごいぜ!」が今面白いと話題に!

去年の10月にEテレで放送された「香川照之の昆虫すごいぜ!」。

最初は、なぜ香川照之が昆虫なんだろうと思っていたんだけど、

実は、彼って大の昆虫好きなんだそうです。

放送後にネットでメチャクチャ面白いと話題になり、

あまりの好評ぶりに2017年5月5日に第2弾が放送されました。

私も去年の「香川照之の昆虫すごいぜ!」の第1弾を見たけど、

香川照之の昆虫マニアっぷりが炸裂しまくってるんです。

しかも、カマキリの着ぐるみを来てるから笑っちゃいます。

その名も“カマキリ先生”!

この香川照之扮するカマキリ先生が、昆虫の生態について、

面白く、そして、わかりやすく解説してくれる番組なんです。

それにしても、彼の昆虫への好奇心というか、

熱の入れようが半端じゃないんですよね。

もう昆虫について語る際のまくしたて方がすごく、

たたみかけるように次々としゃべりまくって止まらないんです。

「昆虫から生き方を学んでいる!」というほどだから、

かなり昆虫のことをリスペクトしているんじゃないでしょうか。

前回の第1弾であるトノサマバッタ編で興味深かったのが、

カマキリ先生自ら体を張った実験ですかね。

もし、トノサマバッタが人間サイズだったら、

どれくらいの高さまでジャンプするんだろうかという実験。

トノサマバッタのジャンプの高さは、平均55センチほどなんですが、

これを人間サイズにすると、なんと11メートルにもなるんだとか。

カマキリ先生は、この11メートルの高さまで

クレーン車で釣り上げられていました。

あの香川照之が、ここまで体を張るとは思いませんでしたね。

なんか昆虫番組のお仕事ができるということで、

完全にハイテンションになっている感じでした。

因みに、第2弾モンシロチョウ編での実験は、

「モンシロチョウを人間サイズにした時の羽の大きさ」でした。

全長4メートル、重さ8キロというビッグサイズの羽をつけて

またもクレーン車で釣り上げられて飛んでる感を出していました。

もし、シリーズ化されて第3弾以降も放送されたら

今後もたぶん見てしまうでしょうね。

番組を見ていて思ったことなんですが、

この「香川照之の昆虫すごいぜ!」は、子供だけでなく、

大人が見ても十分に楽しめる内容だと思います。

なので、親子で一緒に見るといいかもしれませんね。