東海大仰星が東福岡の連覇の夢を打ち砕く大番狂わせ

誰もが疑わなかった王者の勝利を雑草軍団が覆した。

第95回全国高校サッカー選手権大会で、大阪代表の東海大仰星が、

前回王者の東福岡を1-0で破る大番狂わせを起こした。

東福岡は過去にも連覇をしていて、今回も2回目の連覇に挑んだものの、

伏兵の東海大仰星にその夢を打ち砕かれてしまいましたね。

たぶん、サッカーファンの誰もが東福岡が勝つと思っていたでしょう。

私も東福岡が圧倒的に有利だと思っていました。

だって、東海大仰星って正直そんなに強いチームではなかったんです。

ちょうど1年ぐらい前に対戦した同じ大阪の強豪の阪南大高との試合では、

2軍に相当するBチーム相手に0-4の惨敗でしたからね。

まさか1年後に王者の東福岡を倒すとは。

一方、東福岡は、Jリーグ入り内定者が3人いるタレント揃いのチーム。

特に、中盤で仕事をするMF高江(ガンバ大阪内定)とMF藤川(ジュビロ

磐田内定)の2人を封じてサイド攻撃を止めないと勝ち目はありません。

そこで、東海大仰星は、この2人を封じ込めるために、

過去のVTRを見て研究し、徹底して守備練習を繰り返し行ったそうです。

今回の試合では、その練習の成果が明らかに出ていて、

高江と藤川を起点に繰り出されるサイド攻撃を

ほぼ封じ込めることに成功していたように思えました。

こうして、相手に自由に仕事をさせなかったことが、

後半26分のワンチャンスに繋がったんではないでしょうか。

コーナーキックからゴール前にこぼれたボールを

混戦の中DFの吉田が押し込んで先制ゴール。

この1点を最後まで守り切った東海大仰星が、

前評判を覆す大番狂わせを起こしたというわけです。

東海大仰星が放ったシュートは、決勝点となったたった1本だけ。

守備で我慢して、少ないチャンスをものにする。

今の東海大仰星が東福岡に勝つには、

この作戦しかないというような勝ち方でしたね。

東海大仰星と言えば、サッカー部よりも断然ラグビー部の方が有名です。

ラグビー部のOBには、日本代表で活躍したあの大畑大介がいますからね。

サッカー部の知名度は、ラグビー部に比べればまだまだです。

今回、勢いに乗ってもし全国制覇を果たすなんてことになったら、

ラグビー部に負けないくらい、サッカー部も有名になるでしょうね。

名古屋市中村区で乳がん検診を受けるには

名古屋市中村区で乳がん検診を受けるなら、どの病院がいいんでしょうか?

家のそばにも病院があるんですけど、小さな病院では、乳がん検診をやってません。

ネット検索を使って、5つほど病院をピックアップして電話で問い合わせてみました。

歳が若ければ、超音波検査だけで十分らしいのですが、40歳を過ぎていると

超音波検査とマンモグラフィの両方で検査するのがベストと聞きました。

ただ病院によって料金が違います。

マンモグラフィと超音波検査で8,000円でできる病院もあれば、婦人科検診の中に

組み込まれていると2万円から3万円もかかります。

またレディースドックに組み込まれていると5万円以上する病院もあります。

病院選びで悩んでいると友人が紹介してくれたのが乳がん検診専門のサイトです。

名古屋市中村区で乳がん検診を実施している病院を一覧で紹介してくれる上に

料金と費用を比較しているので、予算にあった病院を簡単に探すことができます。

このサイトでは、4,860円でマンモグラフィが受けられる公衆保健協会附属診療所が

見つかりました。中村区役所駅の近くにあるので家からも近いので便利です。

あた他にも名古屋駅近くにある名古屋ステーションクリニックでも、5,184円で

マンモグラフィ検査が受けられることが分かりました。

もう自分で病院へ問い合わせなくても簡単に予約が取れる時代になったようです。

興味のある方は、チェックしてみてくださいね。

他にも名古屋市の乳がん検診が沢山紹介されているので参考になりますよ。