IQは母親に似る!?

明石家さんまの『ホンマでっか!?TV』で、生物学者の池田先生が、1万2千人以上の子供のIQを調査したら母親に似ていることが多いことが分かったと発言。

このように言われる原因は、X染色体にある知性の遺伝子は母親から遺伝した時だけ発現して、父親からはあまり発現しないのだそうです。

特に男性のXYのX染色体は母親から遺伝しているので、男性は母親の知性の影響を受けやすいのでは・・・と池田先生談。

さらに、脳科学の澤口先生も子供の学業成績に関して研究した例があって、子供の学業成績が一番高いのは、お父さんとお母さん両親が頭が良い場合。

次の二番目は、お父さんが頭が悪くて、お母さんが頭が良い場合。

そして、三番目は、お父さんが頭が良くて、お母さんが頭が悪い場合。

一番頭が悪いのが、お父さんもお母さんも頭が悪い場合なんだそうです。

だからか、私の頭がこの程度なのは・・・・。妙に納得!

さらに、澤口先生いわく、政治家、企業家など、リーダーシップをとる資質を持つ遺伝子や人気者になる資質の遺伝子も見つかっていて、ある程度の影響を受けていると澤口先生は話していました。

そこで、教育評論家の尾木先生が登場!

遺伝子が出てくると教育学は衰退してしまう。このような科学的な要素ももちろん関係しているが、子供の持っている才能を伸ばすのはそれだけではなくて教育環境の要因も大きいと。

現在の教育の現場では、こうした科学的な要素を取り入れながら、その子の持っている才能を伸ばす教育環境を作ろうとしている。

さらに、尾木先生によると、知能に関しては、約60%が遺伝的な要素、性格も約30%~40%が遺伝的な要素、自尊心は約40%が遺伝、芸術的なセンスは約50%が遺伝と言われているそうです。

こんどは、心理学の植木先生が登場!

環境要因によって遺伝子が発現するか変わるが、知能の中でも記憶力は、親と子は相関関係があるそうです。

心理学の認知科学の研究では、人の記憶力は民族、学歴を超えてみんな同じで、何が差を生むのかは覚えようとするモチベーションが高い方が覚えるのだとか。

約9歳くらいまでは、覚えることに快感情を感じやすいので、ネットで検索して直ぐに答えを出さないで、子どもと一緒にトランプの神経衰弱などをして子供が覚えることに喜びを感じさせることが記憶力を伸ばすことに繋がると話していました。

再び、澤口先生が登場して、7歳~8歳くらいまでにIQを伸ばしてしまえば、その後は落ちない傾向があると、また、幼少期に危険な遊びをして数多く体験した子供のは心の強さが伸びやすいと話していました。