自衛隊員の意外な訓練とは?

地震などの災害の時にはいち早く駆けつけ、人命救助やインフラの復旧に貢献してくれる自衛隊ですが、その時、炊き出しなど行ってくれる自衛隊員は実は料理のプロなんだそうです。

これは林修の初耳学で放送していた内容ですが、自衛隊員の中には、戦闘を行う部隊だけではなく、それ以外に給養員と言う料理を専門に作る自衛隊員がいるそうです。

給養員は普段は各基地ごとに配置されており、自衛官の毎日の食事をつくっています。その腕前は高級店クラスの料理を作れる凄腕のシェフなんだそうです。

その他にも、自衛隊では変わった訓練を行っている部隊があるそうです。例えば引き算です。この訓練を行っているのは航空自衛隊。

その理由は、極限状態での意識チェックに引き算の訓練が最適なんだそうです。

航空自衛隊のパイロットは、旋回飛行でカラダにかかる重力は8G、これは、ジェットコースターに乗った時の2倍以上の重力がかかり、それに耐える強靭な肉体が必要になります。

自衛隊員は、普段から肉体と精神を極限まで鍛えていますが、そんな自衛隊員でも飛行中に高度が高くなり低酸素状態になると思考能力が衰えてしまうのだそうです。

そこで、自衛隊では富士山の2倍の高さ高度7600mの低酸素に人工的に気圧を低くした低圧訓練が行っているのです。

普通の人なら5分で倒れてしまうそうですが、航空自衛隊の人は、その過酷な環境の中で引き算を行う訓練をおこない自分の思考能力をチェックしているのだそうです。

このような、肉体、精神、思考など、厳しい訓練を日々行い、いざという時に私たちを助けてくれているんですね。本当に「ありがとうございます。」感謝に気持ちでいっぱいになりますね。