サファテが50セーブに到達して日本記録を更新

史上最強の守護神が、ついに前人未到の領域に足を踏み入れました。

現在、パ・リーグを独走するソフトバンクの守護神デニス・サファテが、

9月10日のロッテ戦で、50セーブに到達して日本記録を更新しました。

つい先日、中日の岩瀬仁紀と阪神の藤川球児に並ぶ

日本タイ記録の47セーブに到達したばかりなのに、

あっという間に、サファテは50セーブ目をマークしちゃったんです。

よくよく考えてみたら、今年のサファテの登板ペースは異常で、

まだまだセーブを積み重ねるだけの試合数が残っています。

今シーズンのようなハイペースで登板しても全く疲れ知らずで、

当分抜かれないような大記録を今年は作りそうな気がします。

50セーブを達成したロッテ戦でも相手を圧倒する投球で、

9回を3者連続三振とビシっと抑えていましたからね。

そんなサファテの50セーブという日本記録ですが、

メジャーリーグのセーブ記録はもっとスゴイんです。

現在のメジャーリーグのセーブ記録は、

フランシスコ・ロドリゲスが持つ62セーブ。

何とサファテの50セーブよりまだ12も多いんです。

メジャーリーグの試合数は162試合と

日本の143試合よりも19試合も多いこともありますが、

それでも、62セーブってもう異次元の世界ですよね。

いつかは、日本のプロ野球選手の誰かが、

メジャーリーグのセーブ記録も抜く日が来るんでしょうか。

それはそうと、サファテが、日本で最初に在籍した球団が

ソフトバンクではなかったってご存知でしょうか?

実は、このサファテ、元々は広島カープがスカウトした助っ人なんです。

改めて広島カープのスカウトの眼力はスゴさには驚かされますね。

そりゃ2位以下を圧倒的に引き離して優勝するぐらい強いはずです。

おそらく、日本シリーズでは、その広島カープとの対決になるでしょう。

50セーブという前人未到の記録を達成した絶対的守護神サファテがいれば、

ソフトバンクの方が有利に試合を運べるんじゃないかと予想しています。

★おすすめ ⇒ 神戸市灘区の乳がん検診の費用とおすすめ病院

メッシが4ゴールの大爆発で今季2度目のハットトリック

30歳を迎えてもまだまだ彼の勢いは衰えることはありませんね。

今シーズン絶好調のバルセロナに所属するリオネル・メッシが、

乾貴士が所属するエイバル相手に4ゴールの大活躍!

これで、今シーズン2度目となるハットトリック達成とか。

今や世界一のサッカー選手にまで登りつけたメッシですが、

何かいとも簡単に4ゴールを決めてハットトリックを達成した感じですね。

この日の試合でも、メッシのプレーは圧巻の一言。

前半19分、ネルソン・セメドがもらった1点目のPKをきっちり決めると、

さらに、メッシのプレーはエンジン全開になります。

個人的にスゴイと思ったのが2点目のゴールシーン。

3-1とバルセロナ2点リードで迎えた後半14分に、

セルヒオ・ブスケツからの横パスを受けた取ったメッシは、

倒れ込みながらもゴール左隅に押し込んで2点目を奪います。

このプレーは、パッと見た感じではそれほどのプレーには見えませんが、

相手ディフェンダー3人に囲まれながら、ゴールキーパーも手が届かない

わずかな隙間を通すシュート技術で決まったゴールなんです。

ゴールポストにスレスレのシュートでしたからね。

こんなシュートを打たれたら、ゴールキーパーはお手上げでしょうね。

そして、後半17分には、自らドリブルでボールを持ち込み、

一度パウリーニョに預けてワンツーで再度ボールを受け取ると、

そのままドリブルで一気にペナルティーエリア内まで侵入。

またしても、相手ディフェンダー3人が止めに来たにもかかわらず、

メッシは、ゴール左隅に流し込み見事ハットトリックを達成したんです。

このゴールは、それほど角度もシュートコースもなかったので、

スピードを活かしたメッシならではのゴールと言えますね。

仕上げは試合終了直前の後半42分。

ペナルティーエリア内にドリブルし、相手ディフェンダーを引きつけると、

ノーマークになった右サイドのアレイクス・ビダルにパスを出し、

その折り返しを軽くゴールに蹴り込んでダメ押しの4点目。

相手ディフェンダーも必死に止めに行っているんだけど、

どうしても止めることができないんですよね。

わかっていても止められないんです。

ファウルで止めることもできませんからね。

試合結果は、6-1でバルセロナの圧勝に終わりましたが、

むしろ、試合の序盤は、乾貴士が所属するエイバルが押し気味でした。

しかし、その試合の流れを変えたのが、メッシのゴールだと思います。

スピードに乗った時の彼の爆発力は凄まじいものがありますね。

メッシは、この日の4ゴールで5試合9ゴールという

驚異的なペースでゴールを量産しています。

バルセロナは、負け無しの全勝をキープし続けていますが、

今の絶好調のメッシがいる限り、このまま勝ち続けるような気がします。

一体どこまで連勝が続くか今後もメッシとバルセロナから目が離せません。

本田真凜がシニアデビュー戦でいきなり優勝

“ポスト浅田”と噂される日本女子フィギュア界の逸材がやりましたね。

平昌五輪を目指す16歳の本田真凜がシニアデビュー戦となる

USインターナショナルクラシックに出場していきなり優勝しました!

本田真凜は、シニアデビュー戦で優勝したことで、

シニアでも十分に戦えると自信になったんじゃないでしょうか。

高得点を狙って後半に組み込んだ3回転サルコーの回転不足を除けば、

ほぼジャンプは着地を決めることができていました。

それに、元々良かった表現力もさらに磨かれてきており、

今大会の本田真凜のシニアデビュー戦での優勝は、

実力で勝ち取ることができたと言えると思います。

ただ、少し気になったのがスタミナ面ですね。

最後は、ちょっとスタミナ切れを起こしてしまい、

演技後にリンクサイドに上がってすぐに倒れ込んでいましたからね。

おそらく、標高1300メートルという高地にあるリンクなので、

本田真凜は、酸欠状態になってしまったんだと思います。

それに、女子の場合、ジュニアでは3分30秒だった演技時間が、

シニアでは4分と30秒長いのも影響したんじゃないでしょうか。

まだジュニアから転向してきたばかりの16歳ですから、

スタミナ切れを起こしても仕方がないかもしれません。

あと、もう一つ気になったのが出来栄え点が低かったことです。

ジャンプの技術がまだ完成の域には達していない感じです。

このままでは、来年の平昌五輪の代表は微妙といったところ。

今回のショートとフリーの合計が198.42点はちょっと低いですね。

代表に選ばれたいのであれば、最低でも200点以上はいると思います。

まだ時間はあるので、まずはスタミナ面の強化がいるでしょう。

スタミナがついてくれば、演技にも余裕が出てくると思います。

ジャンプも表現力も全てにおいてプラスに働き、

出来栄え点も今よりもアップすることは間違いないはずです。

200点なんて余裕で超えることができるんじゃないでしょうか。

たった2枠しかない日本女子フィギュア平昌五輪代表。

もう一段階レベルアップすることができれば、

本田真凜にも十分にその資格はあると私は期待しています。

阿部一二三が世界選手権で圧倒的な強さを見せつけ金メダル獲得

日本の柔道界に新たなスーパースター誕生の予感がします。

ハンガリーのブダペストで行われている柔道の世界選手権で、

男子66キロ級の阿部一二三が圧倒的な強さで優勝し、

初めて世界大会で金メダルを獲得する活躍を見せてくれました。

以前から、期待の逸材として有名だった阿部一二三ですが、

まさかこんなにも強い内容で世界の頂点に立つとは思いませんでしたね。

決勝の対戦相手になったロシアのミハイル・プリャエフも

2大会連続世界選手権で銀メダルを獲得している強豪なので、

ひょっとしたら、少し苦戦するかもと心配していました。

でも、阿部一二三は、とても落ち着いていたと思います。

いざ試合が始まったら、まずは相手の出方を冷静にじっくり見極めて、

試合の中盤に差し掛かったところで袖釣り込み腰で豪快に投げ、

全く危なげない内容で見事に一本勝ちしたんです。

今大会は、初戦から決勝まで相手選手を圧倒的な強さで破り、

彼の綺麗な一本勝ちに会場のファンも魅了されていましたね。

まさに世界に衝撃を与えた圧巻のデビュー戦だったんじゃないでしょうか。

おそらく、今は世界に阿部一二三を倒せる選手はいないと思います。

彼が得意としている背負い投げは、平成の三四郎と呼ばれた

バルセロナ五輪金メダリスト古賀稔彦氏を彷彿とさせる切れ味があります。

それに、強いだけでなく見た目も結構イケメンだし、

きっとファンも増えてかなり人気が出そうな感じがします。

久しぶりに日本の柔道界にスーパースターが現れましたね。

今回、初出場の世界選手権で阿部一二三は金メダルを獲得しましたが、

今後の彼の最大の目標は、2020年の東京五輪での金メダルだと思います。

今でも十分に強いのに、まだまだ成長できる伸びしろもあります。

もし、右組みから出す左技、つまり逆技でいろんな技を出せれば、

もう2020年の東京五輪での金メダルは確実になるかもしれませんね。

張本智和が元世界1位ボルを破りワールドツアー最年少優勝の快挙

東京五輪期待の天才卓球少年が、大偉業を成し遂げましたね。

卓球のワールドツアーチェコ・オープン男子シングルスで、

14歳の張本智和が、元世界ランク1位のティモ・ボルを4-2で破り優勝!

14歳61日でのワールドツアー制覇は、史上最年少優勝の快挙だそうです。

初めてのワールドツアーとなった2月のインド・オープンでは、

思うようなプレイができずに悔しそうにしていましたが、

今回のチェコ・オープンでは、彼らしいプレイができていました。

決勝の相手となったボルは、世界ランキング1位になったことがあり、

ドイツでは英雄扱いされるほど実力のある選手です。

年齢こそもう36歳ですが、テクニックは今でもトップクラス。

とてもフェアなところも他国の選手ではありますが好感が持てます。

そんなボルに対して、難なく1ゲームを奪った張本智和ですが、

2ゲーム目に入って何度も丁寧につないで返してくるボルに苦戦し、

一気に2ゲームを連取される苦しい展開になります。

さすがにここまでかと思っていましたが、この日の張本智和は違いました。

最近取り組んできたサーブでボルを揺さぶった後に、

フォアハンドで堅いディフェンスを崩して流れを引き戻すことに成功。

その後のゲームも連取して見事に逆転勝利しました。

それにしても、張本智和は、試合を経験する度に

ドンドン強くなっているような気がします。

実際、今大会の張本智和は、決勝で対戦したドイツのボルだけでなく、

リオ五輪団体銀メダリストの吉村真晴も撃破しましたからね。

ワールドツアー史上最年少優勝は、実力で掴み取った証拠でしょう。

今はまだ日本男子のエースは水谷隼ですが、

近い将来、必ず張本智和が日本男子のエースになると思います。

まだ14歳なのでこれから東京五輪までグングン成長するでしょうし、

もしかしたら、本人が公言している東京五輪での金メダルも

本当に有言実行してしまうかもしれませんね。

松山英樹がブリヂストン招待で大逆転優勝!あのウッズに並んだ!

世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待に出場した日本の松山英樹が、

最終日に猛チャージを見せて1イーグル、7バーディーの61をマーク。

通算16アンダーで見事に大逆転優勝を果たしました。

ブリヂストン招待が行われるファイヤーストーンCCと言えば、

ロングコースでフェアウェイが狭い上にグリーンも速いため、

攻略するのがかなり難しいことで知られるコースです。

特に、667ヤードでPAR5の16番ホールは、最難関ホール。

かつて、このホールでトリプルボギー叩いたアーノルド・パーマーが、

“モンスター”と命名して以来、その愛称で呼ばれているほど。

ところが、松山英樹は、この難コースを得意としているんです。

首位と2打差の4位で迎えた最終日ですが、

この日の松山英樹のプレーは圧巻の一言でした。

その圧巻プレーは、いきなり2番ホールで炸裂します。

PAR5の2番ホールで2打目をグリーンの奥につけると、

そこから絶妙なタッチ放たれた3打目は、

そのままカップに吸い込まれてチップインイーグルに!

ラインの読みも完璧な見事なチップインイーグルで首位に並ぶと、

松山英樹は、波に乗って一気に猛追し始めます。

こうなったらもう手がつけられないのが彼の爆発力です。

3番、6番、9番、13番と4つのバーディーを奪うと、

モンスターと呼ばれる16番から、17番、18番と3連続バーディー。

1イーグル、7バーディーの61をマークした松山英樹は、

2位に5打差をつけて大逆転でブリヂストン招待を優勝しました。

松山英樹がこの日マークした61というスコアは、

実は、あのタイガー・ウッズが4年前にマークした

コースレコードに並ぶ大記録なんです。

確かタイガー・ウッズが61のスコアをマークした時も、

今回の松山英樹と同じ2番でイーグルを決めて、

その後、7つのバーディーを奪ってマークしたスコアだと記憶しています。

4年前のタイガー・ウッズと同じような圧巻プレイを

松山英樹もやってのけたということです。

この日のようなプレーを安定して続けることができれば、

いつメジャーを勝ってもおかしくないと思っています。

来週には、全米プロゴルフ選手権が控えていますが、

ブリヂストン招待を優勝した勢いのまま

初のメジャー制覇を成し遂げることができるのか注目ですね。

ヤクルトが10点差をひっくり返す奇跡の大逆転勝利!

セ・リーグでダントツ最下位と苦しんでいるヤクルトが、

中日を相手に10点差をひっくり返す奇跡の大逆転勝利をしたのには、

多くのプロ野球ファンが驚いたと思います。

ついこの間まで、14連敗をしていたチームとは思えない、

まるで別のチームのような打線の繋がりでしたからね。

まあ、元々ヤクルト打線は強力なのはわかっていたけど、

まさか10点差を逆転するとは全く予想していませんでした。

だって、今年のヤクルトは、例年以上に怪我人が続出しているから、

優勝なんて狙えるようなチーム状態じゃないんですよね。

打線では、レギュラーの川端、畠山、雄平が今も離脱しており、

2年連続トリプルスリーの山田は、信じられないような絶不調。

それに、投手では、守護神の秋吉の離脱がかなり痛いと思います。

苦肉の策として、先発投手のエース小川を抑えに配置転換するも、

慣れてない抑えに戸惑って打たれまくる始末。

さらに、近年のドラフトの失敗が大きく響いて、

1軍、2軍ともに選手層が薄く代わりとなる選手があまりいません。

ちょっとずつ若い選手は育ってきてはいますが、

1軍レギュラーの代わりを務めるにはまだ荷が重すぎます。

そんな最悪のチーム状態にもかかわらず、

ヤクルトは、10点差をひっくり返す大逆転劇を演じたんです。

今の1軍選手の中には、レギュラーの離脱によってチャンスを貰った

若い選手もたくさん頑張って試合に出場しています。

8回の14打者による8安打8得点の集中打では、

山崎や奥村といった未来のヤクルトを背負って立つ若手が、

中堅、ベテラン選手に混じって頑張っていました。

この日の10点差を逆転した試合での経験は、

若手にとってかならず将来の野球人生に活きてくるはずです。

試合を決めたサヨナラ決勝ホームランを放った

ベテランの大松選手が奮起するプレイも良いお手本になります。

今のヤクルトは、丁度世代交代をしている時期なので、

この日の10点差の逆転劇が、若手の成長の糧となるだけでなく、

後半戦に向けてチームを良い雰囲気にするんじゃないかと思います。

千賀が日本を救う好投で難敵イスラエルを撃破!

日本が決勝ラウンド進出を決めたイスラエル戦での勝利の立役者は、

何と言っても、ソフトバンクの千賀滉大投手でしょう。

千賀投手と言えば、2015年まで中継ぎで活躍していましたが、

昨年、先発に転向していきなり12勝をあげる活躍を見せました。

今回のWBCでは、先発ではなくて中継ぎを任されていましたが、

あまりにも先発陣の調子が良くないため、

イスラエル戦では先発を任されることになったんです。

個人的には、千賀投手は後ろで投げてもらいたいと思っています。

特に、150キロ台中盤のストレートとお化けフォークと呼ばれる

落差がかなり大きいフォークボールの大きな武器を2つを持っているので、

一番後ろのクローザーが適任だと考えていました。

今大会の日本のクローザーは、西武ライオンズの牧田投手ですが、

イスラエル戦は、9回に登板して3失点しましたから少し不安です。

千賀投手なら牧田投手よりはかなり安心できるんですが、

日本の先発陣の窮地だったので、まあ致し方がないですかね。

でも、本当に千賀投手がいてくれて本当に良かった!

実際、千賀投手は、イスラエル戦で私の予想以上の

素晴らしいピッチングを見せてくれましたからね。

コントロールは、思ったところにはあまり決まっていなかったけど、

決め球の一つであるお化けフォークを上手く使いながら、

150キロ超えの速球で力負けせずに抑えていました。

まさか5回を1安打無失点に抑えてくれるとは。

試合は、筒香選手のホームランをきっかけに終盤で8点を奪い、

結局、8-3で難敵イスラエルを撃破することができました。

負ければ敗退の可能性もあった日本の窮地を救ってくれたのは、

先発の千賀投手の好投のおかげなのは言うまでもありません。

最後まで勝ち進んでも、残りはあと2戦しか戦えません。

もし、千賀投手が残りの準決勝か決勝に登板したとしても、

先発での登板はもうないかもしれません。

順番から言うと石川投手と菅野投手が先発で登板しそうなので、

おそらく、千賀投手は後ろを任されるのではないでしょうか。

ただ、イスラエス戦は、かなりの好投を見せてくれましたし、

球数も5回まで63球と制限の80球まで少し余裕を残して降板したので、

先発が早い回で捕まったら、ロングリリーフがあるかもしれません。

いずれにせよ、千賀投手の力は今の日本には欠かせないので、

残りの2戦も日本のために頑張ってくれることを期待しています。

山中慎介がカルロスカールソンをTKOで倒し12度目の防衛成功

今日も“神の左”が炸裂して、相手を寄せ付けませんでした!

3月2日の行われたボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、

チャンピオンの山中慎介選手が、同級6位の挑戦者カルロスカールソンを

7回TKOで倒し、12度目の防衛成功しましたね!

山中慎介選手は、5度のダウンを奪っての勝利でしたが、

相手のカルロスカールソンもなかなかタフな選手でしたね。

それに、想像していたより、相手の良いパンチを貰っていた感じがします。

たぶん、最初は様子を見ながら相手の動きに合わせていたようでしたが、

もっと自分らしく思い切った試合をしても良かったと思います。

良いところも悪いところも出ちゃった感じですね。

今回の試合では、不用意に右フックを貰っていましたが、

前回のモレノ戦も、同じような右フックでダウンしてしまいましたからね。

でも、一瞬危なかったものの、さすがチャンピオンでしたね。

その後は、相手に勢いづけさせることなく、

さらにダウンを奪って突き放しましたからね。

それにしても、チャンピオンの山中慎介選手は強すぎるの一言。

特に、“神の左”と呼ばれる伝家の宝刀左ストレートは破壊力抜群!

破壊力だけでなく、スピードもあって相手がのけ反って

交わしたと思っても、さらにもうひと伸びして当たってしまうのです。

また、相手との距離のとり方も上手いと思います。

よく見ていると、相手がパンチを打ち終わったのに合わせて

チャンピオンはパンチを繰り出していることがよくあります。

おそらく、自分の最もボクシングしやすい距離感に相手を呼び込み、

相手のパンチを交わした瞬間に、バチンと当てる感じですかね。

懐に飛び込んで距離が近いので、後ろにのけ反ってよけようとしても、

相手はよけきれずにパンチが当たってしまうんでしょうか。

この距離感が、パンチがグンと伸びてくるような

錯覚を起こしてしまうのかもしれませんね。

もちろん、これ以外にも、ちょっとしたフェイントを入れたりするなど、

チャンピオンは、いろんなテクニックを駆使して試合をしています。

このような、世界レベルのテクニックが強さを生み出し、

山中慎介選手の12度目の防衛成功に繋がったんだと思います。

同じ階級の選手が恐れてみんな対戦したがらないのがわかる気がします。

次回は、いよいよ具志堅用高さんの日本記録13度目の防衛に挑みます。

対戦相手は、同級2位で22戦22勝16KOの成績を誇る

今注目の若手ルイスネリーじゃないかと言われています。

今回ほどそんなに簡単に勝てる相手ではないかもしれませんが、

なんとか“神の左”で13度目の防衛を成功させてほしいですね。

アメトークで大谷翔平のスゴさがわかった!

改めて彼の野球センスが素晴らしいということがわかりました!

久しぶりに放送されたアメトークの「大谷翔平スゴイぞ芸人」を見ましたが、

やっぱり大谷翔平という男のポテンシャルの高さが飛び抜けています!

まず、ピッチャーとしては、日本最速の165キロを記録するなど、

ストレートは、常時150キロ台の中盤から後半ぐらいのスピードが出ます。

しかも、フォークボールも150キロのスピードが出るからスゴイ!

普通ストレートなら150キロでも十分に速い方だと思いますが、

大谷翔平選手の場合、ストレートと同じスピードでボールが落ちるんです。

だから、バッターはストレートだと思ってバットを振るけど、

全くバットにかすらないという事態が起こります。

スライダーなんかもものスゴイ曲がり方をしますから、

もうバッターは手がつけられないんです。

あと、大谷翔平選手は、先発だから1試合で100球程度は投げます。

なのに試合の終盤でもスピードが落ちることがありません。

中継ぎや抑えという短いイニングのピッチャーなら、

全力で投げれるのでスピードが速いのはわかりますよね。

それだけスタミナもたっぷりあるという証ではないでしょうか。

次に、バッターとしてですが、個人的な感想としては、

大谷翔平選手は、バッターの方がポテンシャルが高いと思います。

彼のスゴイさは、走・攻・守のすべてがハイレベルだという点です。

バッティングに関しては、あれだけ腕が長いのにもかかわらず、

腕をたたんでインコースの球を見事に弾き返すんです。

左ピッチャーのインコースの最高の球であっても、

バックスクリーンに叩き込むホームランにするぐらいですから。

あのインコースの打ち方をされたら相手ピッチャーはお手上げです。

そして、大谷翔平選手と言えば、ホームランですよね。

ここで注目してほしいのが、昨年のホームランの打ち分けです。

昨年は、22本のホームランを放っていますが、

このうち半分以上の13本がレフト方向へのホームランなんです。

つまり、広角に打ち分けることができるということ。

普通なら左バッターの場合、ライトへ引っ張る方が球が飛びます。

しかし、彼の場合は、レフトに打ってもホームランになるんです。

ここまでレフトへ大きな当たりが打てるのは、

彼のスイングスピードの初速の速さ関係していると思います。

なぜなら、大谷翔平選手のスイングの初速は、220キロを超えます。

メジャーのトップクラスでも200キロ行くかどうかなので、

いかに彼のスイングスピードがスゴイかがわかります。

さらに、大谷翔平選手は、脚が速くて盗塁もできちゃいますし、

守備では外野からあのイチロー並かそれ以上とも言える

強烈なレーザービームで相手走者を見事に刺します。

ピッチャーとしてはもちろん、バッターとしてもスゴイなんて、

もう野球をするために生まれてきたと言っても過言ではありませんね。

ただ、残念ながら、大谷翔平選手は、先日WBCの出場を辞退しました。

今回のアメトークの「大谷翔平スゴイぞ芸人」は、

ちょっとタイミングが悪かった気がします。

出場辞退が発表されるよりも、もうちょっと早く放送していれば、

もっと番組が盛り上がったでしょうに。

それでも、大谷翔平のスゴさがわかったので見て良かったです。

早く怪我を治して、これまで以上の活躍を見せてもらいたいですね。