藤井聡太四段が歴代タイ記録28連勝を達成

とうとう歴史的大記録に並ぶ大快挙を達成しましたね。

史上最年少でプロ棋士になり、デビューから勝ち続けている藤井聡太四段が、

王将戦1次予選で澤田真吾六段に勝利して、歴代タイ記録の28連勝を達成。

この連勝記録は、30年間ずっと破られてこなかった

あの神谷広志八段が達成した記録に並ぶ大快挙なんです。

しかも、26歳の時に達成した神谷広志八段とは違い、

藤井聡太四段は14歳でデビュー戦からの記録ですから、

同じ連勝記録でもその価値は全く違うと言えるんじゃないでしょうか。

私なんか14歳の時は、何にも考えてなかったですから、

本当にスゴイというか、もう尊敬しちゃいますね。

この日の藤井聡太四段は、一時は攻め込まれて不利な状況もありましたが、

その苦しい時間帯を何とかしのぎ切って徐々に自分のペースの持ち込み、

前回苦しめられた澤田真吾六段を持ち時間を残し99手で勝利しました。

次回は、歴代単独1位の連勝記録29連勝を掛けて、

竜王戦の決勝トーナメントに挑みます。

今度対戦する相手は、これまでの相手とは強さが違いますから、

ひょっとしたら、連勝記録がストップする可能性もあります。

何と言っても、今度の相手は増田康宏四段ですからね。

“東の天才”と呼ばれる増田康宏四段は、

藤井聡太四段と同じ10代のプロ棋士です。

対戦成績も1勝1敗だから、実力は互角とも言えるでしょう。

藤井聡太四段の29連勝が注目される対局ではありますが、

この10代プロ棋士同士の対局は本当に見物だと思います。

それにして、藤井聡太四段はなかなか負けませんね。

彼の強さの秘密は、ミスをあまりしないところにあります。

例えミスをしたとしても最小限のミスしかしないので、

後から十分に盛り返すことができるのです。

また、将棋ソフトを取り入れているのも強さの要因の一つでしょう。

将棋ソフトを活用して、判断力や攻め方を研究しているみたいで、

これに、元々持っている才能がプラスされているため、

今の圧倒的な強さが生み出されているんじゃないかと予想できます。

まあ、負けず嫌いな性格や集中力も関係していると思います。

今では負けても泣くことはなくなったみたいですが、

小学生の頃は、負けると悔しくてよく号泣していたそうです。

それだけ将棋で勝つことに執着心があるんですね。

集中力もに関してもズバ抜けていて、

学校の勉強はその場で理解して覚えるみたいで、

塾にも行かずに倍率8倍の難関中学に合格したとか。

他にも、将棋に集中しすぎてランドセルを忘れてきたり、

歩いている時に気付かずに溝にはまってしまうなど、

将棋に集中すると、他のことは全く頭に入ってこないらしいです。

たぶん何よりも将棋のことが大好きなんだと思います。

そんな藤井聡太四段ですが、現時点でこれだけ強いんだから、

今後、さらに強くなるのかと思うと末恐ろしいですね。

さすがに、いつかは負ける時がくるとは思いますが、

どこまで連勝記録を伸ばすか応援し続けたいです。

牝馬のアエロリットが大混戦のNHKマイルカップを制する

第22回NHKマイルカップは、横山典弘騎乗の牝馬アエロリットが優勝。

前評判では、1番人気で桜花賞4着のカラクレナイが

桜花賞の雪辱を晴らして勝つんじゃないかと思われていました。

ところが、カラクレナイより素晴らしい競馬をしたのが、

横山典弘騎乗のアエロリットだったんです。

今年のNHKマイルカップは、先行馬が残りやすい馬場状態だったので、

あまり後方から追い込んでくる馬にはキツイと思っていました。

しかし、ベテランジョッキーの横山典弘騎手は、

その先行有利の馬場状態を見抜いていたようです。

実際、いつもなら後方から競馬をするアエロリットを

好スタートを決めて前目の2、3番手の位置で競馬させたんです。

NHKマイルカップと同距離1600メートルの持ちタイム1分33秒3は、

出走メンバー中No.1の持ちタイムだったので、

まともに走れば、好勝負できる実力は持っていました。

横山典弘騎手も馬は抜群の仕上がりだったため、

小細工なしに馬の実力を出し切れば勝てると思っていたとか。

アエロリットは、横山典弘騎手の好判断で先行し、

4コーナーでは早々と先頭に躍り出ると溜めていた脚を繰り出し、

最後は、他馬を寄せ付けない強い内容で快勝したんです。

2着もまさかの13番人気の牝馬リエノテソーロが入り、

13年ぶり史上2回目となる牝馬のワンツーフィニッシュでした。

私が驚いたのは、最後の直線で2着馬が追いついて来た時に、

もう一度脚を使って突き放したことです。

これは、並の馬ではできないことであって、

アエロリットが名馬の道を進む可能性があるということ。

因みに、横山典弘騎手は、アエロリットのデビュー前の調教に乗った時、

この馬は大きいところを取れると感じていたそうです。

今回のNHKマイルカップでそれを実現してみせたところは、

さすが、現役では武豊騎手に次ぐ2600勝を超える通算勝利数と、

GⅠレースを26勝もしている名ジョッキーだなと思いました。

そんな横山典弘騎手とコンビを組むアエロリットは、

今後も、いくつかタイトルを獲るんじゃないかと予想しています。

若き快速娘がマイル王に名乗りを上げる日が来るのも、

そう遠い話ではないかもしれませんね。

CHEMISTRYが活動再開するらしい

男性ヴォーカルデュオ、CHEMISTRYが来年2月に活動再開だって!

最近、あまりテレビで見かけないなぁと思っていたけど、

4年前の2012年の10周年を区切りに、活動休止していたんですね。

どうやら、一度個々でソロ活動に専念したいというお互いの考えから、

一旦CHEMISTRYとしてのグループ活動をお休みしていたみたいです。

堂珍嘉邦さんと川畑要さんの2人で結成されたCHEMISTRYですが、

彼らと言ったら、やっぱり抜群の歌唱力だと思います。

CHEMISTRYの言葉の意味が“化学反応”というだけあって、

2人の声のハーモニーは、本当にキレイで癒されますよね。

デビュー曲「PIECES OF A DREAM」がオリコン1位になり、

その後も次々とヒット曲を連発して凄いデュオが現れたなと思いました。

CHEMISTRYのデビューのきっかけはテレビ東京のオーディション番組

「ASAYAN」の男子ヴォーカリストオーディションでした。

学生の頃いつも見ていたからオーディションのことはよく覚えています。

このオーディションは男性デュオを選ぶだめのものだったんですが、

最終選考には、堂珍さんと川畑さんを含む5人が残りました。

実は、この5人の中には、今現在EXILEで活躍している

ATSUSHIさんとNESMITHさんの2人がいたんです。

のちにEXILEのメンバーとなるこの2人が落ちたんだから、

もの凄くレベルの高いオーディションだったことがわかります。

特に、圧倒的な歌唱力を持っているATSUSHIさんが、

最終選考で落とされたんだから驚きですよね。

正直、こんなことを言ったら堂珍さんと川畑さんに失礼ですが、

ATSUSHIさんの方が、歌唱力は高かったと思います。

実際、番組サイドもATSUSHIさんが一番実力があると認めていました。

では、なぜCHEMISTRYにATSUSHIさんが選ばれなかったのか。

確か上手すぎるがゆえに逆に落とされたと記憶しています。

今回の男性デュオに選ばれなくても、いずれ必ずどこかで活躍できるし、

それだけの実力なら、ソロという形でやった方がいいという理由でした。

一番上手い人が落ちるって意味がわかりませんが、

デュオだからバランスを取ったということなんでしょうか。

少し話がそれちゃいましたが、CHEMISTRYの復帰は嬉しいですね。

ファンの皆さんも2人の復帰を待ち望んでいたに違いありません。

また、あの美しいハーモニーを聴けるなんて、今から待ち遠しいですね。

サウンドトゥルーがチャンピオンズカップを制してダート界の新王者に!

王者ホッコータルマエが引退して、ダート界に新たな王者が誕生!

今日、中京競馬場行われた第17回チャンピオンズカップは、

6番人気サウンドトゥルーが豪快に差し切ってJRAのG1初制覇。

地方では、昨年の暮れに東京大賞典を勝っていてG1通算2勝目ですね。

ここまでG1レースを10勝していた砂の王者ホッコータルマエが引退し、

混戦模様となった今回のチャンピオンズカップ。

ダート6連勝中の武豊騎乗のアウォーディーが1番人気となったものの、

過去のレースぶりを見ていると、堅い1番人気とは言えませんでした。

ダート6連勝のうち地方のレースでは、圧勝しているレースもあったけど、

中央のレースでは、ほとんどのレースが接戦の勝利なんですよね。

ましてや、強い馬が集結する中央のG1レースは初めてだから、

簡単に負けてしまってもおかしくありません。

私の個人的な注目馬は、10番人気アスカノロマン。

5走前に今回1番人気のアウォーディーとわずか0.1秒差の2着。

なんに、アスカノロマンは10番人気と人気薄はオイシイですね。

実際に、レース本番も先攻して道中3~4番手で追走し、

直線に入って和田竜二騎手のムチが入ると即座に反応。

直線半ばを過ぎて先頭に立つとしぶとく粘って3着確保しました。

1番人気アウォーディーは、アスカノロマンには競り勝ちましたが、

道中後方から2番手の位置でジッと脚を溜めて直線勝負の

6番人気サウンドトゥルーが直線一騎の豪脚でゴボウ抜き。

最後は、ただ1頭上がり35秒台の強烈な末脚を使っていて、

よくあの位置から届いたなぁと驚きました。

昨年3着のリベンジができたのは、馬の能力が高かったのはもちろん、

大野拓弥騎手の手綱さばきも良かったんじゃないかと思います。

彼は今日のレースの6番人気サウンドトゥルーのように、

たまに人気薄の馬で穴をあけることがあります。

昨年のスプリンターズステークスというG1レースでも、

13番人気のスノードラゴンを優勝に導いていますからね。

今日のチャンピオンズカップは、人馬共に最高のレースをしたからこそ、

優勝という最高の結果につながったんじゃないでしょうか。