松山英樹がブリヂストン招待で大逆転優勝!あのウッズに並んだ!

世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待に出場した日本の松山英樹が、

最終日に猛チャージを見せて1イーグル、7バーディーの61をマーク。

通算16アンダーで見事に大逆転優勝を果たしました。

ブリヂストン招待が行われるファイヤーストーンCCと言えば、

ロングコースでフェアウェイが狭い上にグリーンも速いため、

攻略するのがかなり難しいことで知られるコースです。

特に、667ヤードでPAR5の16番ホールは、最難関ホール。

かつて、このホールでトリプルボギー叩いたアーノルド・パーマーが、

“モンスター”と命名して以来、その愛称で呼ばれているほど。

ところが、松山英樹は、この難コースを得意としているんです。

首位と2打差の4位で迎えた最終日ですが、

この日の松山英樹のプレーは圧巻の一言でした。

その圧巻プレーは、いきなり2番ホールで炸裂します。

PAR5の2番ホールで2打目をグリーンの奥につけると、

そこから絶妙なタッチ放たれた3打目は、

そのままカップに吸い込まれてチップインイーグルに!

ラインの読みも完璧な見事なチップインイーグルで首位に並ぶと、

松山英樹は、波に乗って一気に猛追し始めます。

こうなったらもう手がつけられないのが彼の爆発力です。

3番、6番、9番、13番と4つのバーディーを奪うと、

モンスターと呼ばれる16番から、17番、18番と3連続バーディー。

1イーグル、7バーディーの61をマークした松山英樹は、

2位に5打差をつけて大逆転でブリヂストン招待を優勝しました。

松山英樹がこの日マークした61というスコアは、

実は、あのタイガー・ウッズが4年前にマークした

コースレコードに並ぶ大記録なんです。

確かタイガー・ウッズが61のスコアをマークした時も、

今回の松山英樹と同じ2番でイーグルを決めて、

その後、7つのバーディーを奪ってマークしたスコアだと記憶しています。

4年前のタイガー・ウッズと同じような圧巻プレイを

松山英樹もやってのけたということです。

この日のようなプレーを安定して続けることができれば、

いつメジャーを勝ってもおかしくないと思っています。

来週には、全米プロゴルフ選手権が控えていますが、

ブリヂストン招待を優勝した勢いのまま

初のメジャー制覇を成し遂げることができるのか注目ですね。