CHEMISTRYが活動再開するらしい

男性ヴォーカルデュオ、CHEMISTRYが来年2月に活動再開だって!

最近、あまりテレビで見かけないなぁと思っていたけど、

4年前の2012年の10周年を区切りに、活動休止していたんですね。

どうやら、一度個々でソロ活動に専念したいというお互いの考えから、

一旦CHEMISTRYとしてのグループ活動をお休みしていたみたいです。

堂珍嘉邦さんと川畑要さんの2人で結成されたCHEMISTRYですが、

彼らと言ったら、やっぱり抜群の歌唱力だと思います。

CHEMISTRYの言葉の意味が“化学反応”というだけあって、

2人の声のハーモニーは、本当にキレイで癒されますよね。

デビュー曲「PIECES OF A DREAM」がオリコン1位になり、

その後も次々とヒット曲を連発して凄いデュオが現れたなと思いました。

CHEMISTRYのデビューのきっかけはテレビ東京のオーディション番組

「ASAYAN」の男子ヴォーカリストオーディションでした。

学生の頃いつも見ていたからオーディションのことはよく覚えています。

このオーディションは男性デュオを選ぶだめのものだったんですが、

最終選考には、堂珍さんと川畑さんを含む5人が残りました。

実は、この5人の中には、今現在EXILEで活躍している

ATSUSHIさんとNESMITHさんの2人がいたんです。

のちにEXILEのメンバーとなるこの2人が落ちたんだから、

もの凄くレベルの高いオーディションだったことがわかります。

特に、圧倒的な歌唱力を持っているATSUSHIさんが、

最終選考で落とされたんだから驚きですよね。

正直、こんなことを言ったら堂珍さんと川畑さんに失礼ですが、

ATSUSHIさんの方が、歌唱力は高かったと思います。

実際、番組サイドもATSUSHIさんが一番実力があると認めていました。

では、なぜCHEMISTRYにATSUSHIさんが選ばれなかったのか。

確か上手すぎるがゆえに逆に落とされたと記憶しています。

今回の男性デュオに選ばれなくても、いずれ必ずどこかで活躍できるし、

それだけの実力なら、ソロという形でやった方がいいという理由でした。

一番上手い人が落ちるって意味がわかりませんが、

デュオだからバランスを取ったということなんでしょうか。

少し話がそれちゃいましたが、CHEMISTRYの復帰は嬉しいですね。

ファンの皆さんも2人の復帰を待ち望んでいたに違いありません。

また、あの美しいハーモニーを聴けるなんて、今から待ち遠しいですね。